ETCカードは始終車内に設置している

ハイウェイをちらほら利用しますが、ETCカードは始終車内に設置している。たまにしか利用しないとは言っても、遠出する際はとにかくスパンを有効に活用したいので1取り分、2取り分が大切だ。

ETCカードは始終車内に設置している

そんな時にハイウェイの価格店舗で停止し、懐からお金を出して担当の親父に価格を払い、そうしておつりをもらい、おつりを財布にしまってから出発するというだけで、時間は経過します。

 

遠出の楽しみはただ目的地に着いてからのことだけではなく、往復の道々におけるPAなどでの配送やブレークタイム、ご当地グルメ見つけ出しなども含まれます。

 

一年中のスパンを楽しいことに精一杯使いたい場合、ETCカードを挿入していれば、先述の価格店舗での時間は短縮されます。
もちろん価格店舗手前ではステップを落とし、ゲートをくぐる必要がありますが、それだけで思い切りスムーズに進んで行けます。

 

気をつけることは、出発前にETCカードの有効期限をチェックしておくということです。私のように、たまにしかハイウェイを使わないというやつは、それほど気をつけておくとよいと思います。